FANDOM


デジモンワールド デジタルカードバトルは、1999年に発売されたゲームである。カードを使用した戦闘システムで、デジタルモンスターカードゲームではなくこのゲーム特有のルールで行われる。

ストーリー 編集

舞台は、カードによって強さが決められるデジタルワールド。
カードバトルの頂点に立つ7人のカードリーダーによって治められている。
だがしかし、ファイル島は突如発生したバグカードによって危機にさらされる。
カードリーダーたちは互いに牽制しあい、協力しようとはしなかった。
そんな中、ババモンによって召喚された主人公は、「伝説の勇者」とされる。ババモンからデックを託され、セブンズカードを集めていく。

ルール 編集

戦闘 編集

プレイヤーと対戦相手がそれぞれ○攻撃・△攻撃・×攻撃のいずれかを選んでバトルをし体力を削りあう。各ボタン攻撃にはそれぞれに特徴がある。

○:そのデジモンが持っている必殺技。威力は高いが、無効にされることも多い。
△:威力は○に劣る場合が多いが、無効にされにくく使いやすい。
×:妨害やカウンターなど、特殊な効果持った攻撃が多い。

デジモンカード 編集

  • デック
30枚で1セット。同じカードは4枚まで入れられる。
  • 属性
属性は火炎・氷水・自然・暗黒・珍種の5つの属性があり、すべてのデジモンはそれぞれどれかに属している。デジモンで言う一般的な属性(データ・ウィルス・ワクチン)とは関係がない。
  • レベル
レベルはIII、IV、完の3つのレベルがある。
進化ポイントをためていくことで同じ属性の1レベル上のデジモンに進化させることができる。
このシリーズ特有のルールにより完全体・究極体は同じレベルになっている(進化ポイントに多少の差はある)。
  • 進化パワー
1ターンに手札のデジモンカードを一枚捨てることで進化パワーをためることができる。
加算されるポイントはデジモンカードごとに異なる。
進化パワーが一定以上たまれば手札の1レベル上のデジモンカードを出して進化をさせることができる。
  • 援護能力
デジモンカードにはデジモンごとに援護能力がある。
援護能力はデジモンカードを戦闘オプションカードとして使ったときに発揮される。
カードの属性によって能力の傾向が異なる。
  • オプションカード
戦闘用と進化用の2種類がある。
  • 戦闘用
お互いの攻撃方法を選んだ後、実際攻撃に移る直前に使用する。
攻撃力アップや体力回復、敵の行動の妨害などの効果がある。
  • 進化用
進化フェーズ(進化ポイント、進化をさせるフェーズ)に使用することができる。
進化ポイントや進化の段階の無視など、進化の手助けをする効果がある。

登場人物 編集

  • 主人公
グラフィックはデジモンワールドの主人公と同じ。
始まりの街を治める究極体。老婆の姿をしているがそれは仮の姿である。真の姿はクリア後に判明する。
始まりの街の住人。実は今回の事件に大きくかかわっているのだが…
グランドセブンズを持つカードリーダー。
ダークセブンズを持つカードリーダー。
ホーリーセブンズを持つカードリーダー。
スピードセブンズを持つカードリーダー。
ワイルドセブンズを持つカードリーダー。
リバースセブンズを持つカードリーダー。
ミスティセブンズを持つカードリーダー。
本作のラスボス。ムゲンマウンテンにて主人公を待ち受ける。

ほかに登場するデジモンはデジモンワールドに登場したものである。

関連項目 編集

外部リンク 編集

テンプレート:Video-game-stub

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki