FANDOM


デジモンワールド デジタルカードアリーナは、2000年12月21日に発売されたプレイステーション版のビデオゲームである。デジモンワールド デジタルカードバトルとシステムは同様。カードは前作に比べて豊富になっており、ゲームのやりこみ要素も多い。また、アニメに登場したキャラクターが登場しており、それぞれのキャラクターとカードによる対戦が可能である。ワンダーウェーブに対応もしている。

ルール 編集

戦闘やデックのルールに関しては、デジモンワールド デジタルカードバトルを参照。

パートナーカード 編集

前作と違い、パートナーカードという特殊なカードがあり、経験値の概念と、アーマー進化が唯一使えるカードである。 パートナーカードは、

  • ブイモン
  • アルマジモン
  • ホークモン
  • テイルモン
  • パタモン
  • ワームモン

である。また、アーマー進化のパターンもアニメどおりだけではなく、それ以外のパターンもある。(テイルモンからティロモン、パタモンからバロモン、など)

また、パートナーデジモンは、経験値をためることによって、デジパーツというパートナーデジモンに新たな能力やパラメータをあげるシステムが存在する。 主に種類は以下のとおり

  • HPをアップさせる
  • 攻撃力(○、△、×、それぞれ種類がある)をアップさせる
  • パートナーデジモンの持つ援護能力の入れ替え

アーマー進化 編集

上記のデジモンたちはアーマー進化が可能であるが、それにはデジメンタルが必要である。 デジメンタルはイベントなどでもらったり、また、その紋章やデジメンタルを持つ子供たちからもらえたりする場合がある。 戦闘でアーマー進化は1パターンしかできず、どのアーマー体に進化するかはプレイヤーがバトル以前に設定することが出来る。 また、バトル中にアーマー体に進化すると、オプションカードなどを使わない限り進化、退化は出来ない。 レベルもアーマー体となっており、アーマー体しか使えないオプションなども存在する。 アーマー体の位置づけとしては、 レベルⅢ<アーマー体<レベルⅣ である。

パートナーデジモンの経験値 編集

パートナーデジモンの経験値は、「パートナーデジモンのカードが入っているデックを使ってバトルする」、あるいは、「カード合成で経験値を足す」のいずれかである。 前者の場合、戦闘内容によって経験値が違ってくる。 以下は例

  • 逆転勝利 2敗0勝から3勝して勝つと発生
  • 無敗勝利 無敗で勝利すれば発生
  • レベル完キラー 完全体のデジモンに勝利すると発生
  • HPフィーバー HPがぞろ目になったときに発生
  • ダメージフィーバー 攻撃のダメージがぞろ目になれば発生
  • とどめのジャスト攻撃 デジモンを倒すさい、そのデジモン残量体力と攻撃力が一致していた場合発生
  • とどめのいちかばちか勝利 3勝目をする際、いちかばちか(山札の一番上のカードを援護に使うこと)をすると発生
  • オール○攻撃 すべての攻撃をひとつのボタンに統一して勝利(3体倒す)
  • パートナー勝利 パートナーデジモンで勝利すると発生
  • パートナー超進化 パートナーデジモンを完全体まで進化させると発生

また、デッキの構成などでもボーナスがもらえる

  • オプションマニア オプションを25枚以上入れたデックで勝利する
  • ラッキーネーム 特定の単語を名前に入れたデックで勝利する

以上が特殊なボーナスの例である。 通常ボーナスは戦闘をするたびにもらえ、敵によって数値が異なる。

カード合成 編集

マップ上の特定の場所で、カードの合成ができるようになっており、合成の方法は2通りある。

  • パートナー合成

パートナーデジモンに合成し、パートナーの経験値を上げることができる。

  • カード合成

一般的なカード合成。特殊な合成もあり、その場合は特別なデジモンができる。(エクスブイモンとスティングモンでパイルドラモン、など)

関連項目 編集

外部リンク 編集

テンプレート:Video-game-stubtl:Digimon Digital Card Battle

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki