FANDOM


エグザモン(examon)は バンダイのモンスター育成玩具「デジタルモンスター」シリーズに登場する架空の生命体・デジタルモンスターの一種。
デジタルモンスターカードゲームαに登場した究極体であり、ロイヤルナイツに所属するデジモンとして登場した。
名前の由来のexaとは単位の一つである。

概要編集

デジタルモンスターカードゲームαに初登場。ドラコモンの究極体ブレイクドラモンコアドラモン亜種(青)の究極体スレイヤードラモンとのジョグレス進化体といわれているが、 デジタルモンスターカードゲームαには、グラウンドラモンウィングドラモンの究極体になっており、 今は情報量が少なく曖昧である。
なお、ブレイクドラモンスレイヤードラモンどちらも進化元はドラコモンである。
ドラコモンコアドラモン(青)ウィングドラモンスレイヤードラモン
ドラコモンコアドラモン(緑)グラウンドラモンブレイクドラモン

種族としてのエグザモン編集

ロイヤルナイツに所属しているが、同時にすべての竜型デジモンの頂点に立つ存在でもあり、そのことから「竜帝」の異名を持つが、四大竜との関係は不明である。構成するデータ質量が極めて膨大だったため、従来のデジタル機器ではその姿を描画する事ができず、最新のデジタルシステムによってようやくその存在が明らかになったとされている。全てクロンデジゾイドで構成された四枚の巨大な翼「カレドヴールフ」は独自の意思を持っており、時には飛翔のための翼に、時にはエグザモンの身を守る楯となる。そして手に持った巨大ランス「アンブロジウス」にはさまざまな効果を持つウィルスの仕込まれた特殊弾が装填され、中距離や遠距離からの攻撃だけでなく、これを敵に突き立ててゼロ距離からウィルス弾を撃ちこむ等多彩な攻撃パターンを確立することが出来る。

基本データ編集

  • 世代/究極体
  • タイプ/聖騎士型
  • 属性/データ
  • 必殺技/アヴァロンズゲート、ペンドラゴンズグローリー、ドラゴニックインパクト
  • 通常技/
  • 装備/カレドヴールフ、アンブロジウス
  • 所属/ロイヤルナイツ

関連種・亜種・その他編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki