FANDOM


アポカリモン

  1. デジタルモンスターシリーズに登場するキャラクター。
  2. デジモンアドベンチャーの登場人物。

概要編集

デジモンアドベンチャーの為の新規キャラクター。名前の由来はアポカリプス(Apocalypse(黙示録))から。正十二面体の上方の一面に人間の様な上半身(本体)を乗せ、残りの各面に小さな五角錐台を載せ、それぞれにDNAのような二重螺旋状の触手を付加させた形状をしている。

種族としてのアポカリモン編集

人間の負の感情や、進化の過程で消えていったデジモンたちの怨念が集結した存在。デジモンなのかすら不明。消えて行ったデジモン達の必殺技なら全て使用可能。

基本データ編集

一番上の人型のボディが本体。

  • 世代/究極体
  • タイプ/不明
  • 属性/不明
  • 必殺技/暗黒(ダークネスゾーン)、グランデスビッグバン
  • 通常技/デスエボリューション
  • 所属/ダークエリア

亜種・関連種・その他編集

メフィスモン

完全体。アポカリモンのデータの残骸から生まれ、その怨みを引き継いだデジモン。劇場版デジモンテイマーズ 冒険者たちの戦いに登場。

ガルフモン

究極体。メフィスモンの進化体。

テンプレート:ネタバレ

登場人物としてのアポカリモン編集

デジモンアドベンチャー編集

声優:大塚周夫。最後の敵。一人称は我々(または私)。進化の過程で消えていったデジモン達の無念や辛く悲しい気持ちなどの怨念の集合体として登場。自分達が為せなかった事を、生きて行う全てのデジモンや子供達を羨み妬み憎んでおり、今まで主人公達が闘ってきた種のデジモン達の技を使い[1]、紋章とタグを破壊し、更に主人公達をデータに分解し追い詰めるが、互いの絆と心の中の光により輝いた心の紋章の力によりデジタルワールドに復帰を果たした8人と8匹の連携攻撃により敗北。最後の足掻きとしてグランデスビッグバンにより自爆しデジタルワールドを無き物にしようとするが、八つのデジヴァイスが作り出した立方体状の結界により其の企みも打ち砕かれた。単純に悪者とは言えないその存在とその何処までも暗い思考と強さで、殆ど伏線が無いままの登場だったにも関らずファンに忘れ難い印象を植え付ける。
なお、小説版では嘗てデジタルワールドにあった「進化をしないという概念」が自分の概念でデジタルワールドを染める為に「進化の途中で消えて行った種の無念」や死んだデジモンのデータを力として利用する為に吸収した存在となっており、アニメのアポカリモンと違い、死んでいったデジモン達は単にその無念の想いや言葉を利用されているだけで、「進化をしないという概念」その物の意識を『個』としてはっきりと持つ事が示され、妬みや恨みで動いているのでは無く、死んでいったデジモン達の『想い』を利用して、自らの目的の為に世界を自分の概念に塗り変えようとする『悪』となっている。話の流れの都合なのか、アニメの個体と設定が違う事が理由かは不明だが、死んだ後に吸収したダークマスターズのムゲンドラモンのデータから再現したムゲンキャノン以外、他のデジモンの必殺技を使うことは無かった。

脚注編集

  1. 使用した他のデジモンの必殺技はムゲンドラモンのムゲンキャノン(因みにこの技は二回使っている)、メタルシードラモンのアルティメットストリーム、ヴァンデモンのブラッディーストリーム、デビモンのデスクロー、ナノモンのプラグボム。但し、主人公達が闘って来たデジモンと同一個体のデータにより再現されているかは不明。
fi:Apocalymon

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki